墓石の種類

墓石にはいくつか種類があるようです。

墓石にする石もどんなものがふさわしいか決まっていて、それを使っている墓石値段はかなり高いようです。

良い墓石は、硬いこと、長持ちすること、あまり水を吸わないこと、だと言われています。

お墓は外に建てられているものですし、雨や風、強い紫外線に常にさらされています。

年数が経つと劣化してきて、ひび割れしたりかけたりすることがあるので、良い墓石を選んで長い間きれいな状態が保てるようにしなければなりません。

墓石は、日本産、インド産、中国産などがあり、墓石値段も当然のことながら違ってきます。

日本産の墓石はやはり一番高く、その次にインド産、中国産となっています。

インド産や中国産の墓石が悪いというわけではありませんが、耐久性や吸水性などに差があり、劣化するのがやや早いと考えて下さい。

その他には、南アフリカ産の石もありますが、最近では中国で製品化したものを、日本が輸入することがあるそうです。

石の種類によっても値段は違いますが、そこから加工するにあたり、デザインの違いによっても値段が変わってきます。

日本の職人が加工する墓石は、質が良いものが多いですからどうしても高くなりがちです。

しかし、安心感があります。

お墓を買う時は、石の種類や加工費などの説明をきちんと受けて、納得してから買うようにしましょう。

中には売りたいだけの良くないお店もありますから、お店選びも慎重にしなければなりません。

Categories: 墓石について
6月
6

Comments are closed.